#96 100均結束バンドで鳥よけ

cbltie_00_DSC02559a.jpg
我が家の玄関先でほぼ毎日鳥さんがお土産(ウンコ)を置いてくものだから、鳥よけ対策をして他へ移ってもらったの巻。



おそらく鳥さんの犯行場所は玄関先の柵だが、地元で昔から良く見かけるヒヨドリだろう。 鳴き声を聞かない日はない。 雑食性で食欲旺盛。
糞を見ると必ず何らかの種だ含まれているし、土にしてもらった方が自然界のためなんだけれどねぇ。
cbltie_10_DSC02552a.jpg



そんな訳で家族からしょっちゅう清掃の任を言い渡されてメンドクセー!なので対策をば。
100均の店舗で使えそうなブツを探したところ、そうそう、カラスよけの剣山の様な樹脂製の製品があった。 がしかし柵に取り付けるには幅が広すぎて適当ではない。 というか場所に合わせてコレで剣山作ればいいんじゃね? と思いついて結束バンド50本入を2袋買った。
cbltie_11_DSC02550a.jpg
※ ダイソーは耐候性仕様も確か売っていたはずだが、これはそうではないので屋外でどの程度もつか。



こうして向きを交互に変えながら、ヒヨドリの大きさを想定して微妙に狭い間隔で取り付けていく。
cbltie_12_DSC02557a.jpg



柵の上は50本ちょっと、下は30本弱使った。
cbltie_13_DSC02559_2a.jpg



結果、結束バンドの効果は絶大!
以降、鳥さんのお土産(ウンコ)はパタリと無くなりあっさり解決。



【応用編】
結束バンドを直接取り付け出来ない箇所でも、こんな感じで一旦棒状のモノへくくり付けたうえで設置するのも一案。
cbltie_14_DSC02743a.jpg



◆感想など

手の届くところだったので十分可能な対策だったし、結束バンドの柔軟性なら人の目に当たらなければ怪我をする事も無さそうだし、良い選択だと思う。
これの前は鳥を脅かす視点で考えていたのだが、それだと馴れてしまうし数ヶ月間行き詰まっていた。
結束バンド税込み216円で解決出来たのは久々の高コスパじゃないか?
これにて掃除の任からしばらく開放!



◆活躍した道具

今回はペンチのみ。結束バンドの締め付けに利用。
cbltie_90_20190225_114740b.jpg


スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#95 風呂マットで冷気を断った、の巻

therm_00_20190120_123723a.jpg
2019/2/4 追記(下)・・・脱衣所の窓枠をダンパネで遮熱
この時期(冬)の風呂場の悩みがコレ↑でほぼ解決だろうか。
風呂マットを適当なサイズに切断して窓枠にはめ込むだけ。極寒だった風呂場が湯船やシャワーの湯で効率良く暖まるようになった。

うちの場合は窓枠の奥行きが深いので、何らかの断熱素材をポン付け出来れば良いのか!って事に気付いた。 これ思いつくまで何年も掛かったw
therm_10_DSC02503a.jpg



いやね、換気もしなきゃならんし開閉式の構造を考えたりしたのだが「強度、重さ、取り付け方」とか難しく考えすぎて実現出来なかったのね。



さて、白羽の矢が立ったのがニトリのコレ!
柔らかく弾力性のあるポリエチレン製(上面だけポリプロピレン)の「お風呂マット」。安い!!
therm_12_20190116_155727a.jpg


これがホント劇的な効果で、お値段以上ニトリだった。嘘つかないなニトリ!



◆風呂マットの加工


前述の通り窓枠内側が[572x692mm]だったので、固定を考慮して高さ・幅へ2mmづつ加えた[574x694]にカット。
therm_13_DSC02497a.jpg



すると、四隅が若干突起があるために浮いてしまった・・・ので、カッターで薄く切断!
therm_14_DSC02499a.jpg



だ、、、大体こんなモンだろう。テヘ
きっちりハマった。のは良いが外す時の事を考え取っ手が欲しいので・・・
therm_15_DSC02501a.jpg



持っていた化繊の紐(すだれ巻き取り用、ポリプロピレン製)をこの様にセロテープで針の先に付けて、
マットの右下あたりに表から刺し通し、紐の反対側も同様に表から刺し通す。
therm_16_DSC02511a.jpg



通した紐の末端へワッシャー(座金)を通し、紐を結んで外れなくする。
最後に結び目をライターで一瞬溶かして完了!
therm_17_DSC02513a.jpg



これこの通り!
therm_18_DSC02515a.jpg



以上、窓ポン付けマットの完成!(切っただけなんだけどね)



◆冷気の他の要因や考察など


実は他にも冷気の元はあって、入り口ドア下にある換気用穴。
この穴は開閉スライドツマミで調整出来るので最小にしておいた。
therm_19_20190120_130036a.jpg
(ここ閉じても良いかな~~、酸素を消費する条件は無いし、掃除の時は窓開けているしね)



考察をちょっとだけ。
窓ポン付けマットの何が良かったのか。
そもそもアルミサッシ自体がガラスよりも効率よく熱を通してしまうので、「窓ガラス+アルミサッシ」両方の冷気を遮断して解決出来たこと。
therm_11_mado_1.jpg



海外では断熱性を考慮し樹脂製サッシが良く使われているのに対し、日本はアルミサッシ大国。
住環境においては意外にも遅れているのだそうだ。

参考...窓の断熱性とサッシの影響|中島硝子工業株式会社



◆感想など

風呂マットポン付けの結果「風呂場が寒くない!快適!」と、家族にとても好評。
湯船の湯で風呂場は暖まるし、シャワーだけの場合でも壁や床をザザ!と湯を掛ければ以前よりも数段暖まる。
あとは、ドアが薄いから100均のビニール製テーブルマットで2重構造にしてみるかな。

実は、過去窓ガラスに貼る断熱をうたう製品は何度も買っていて、自室の窓で試したのだが効果を感じた事は無い。しかも素材の割にホント高かったなぁ。
良くあるのが窓ガラスにプチプチシートの様なビニールを貼るタイプなのだが、機密処理しない貼り付け方法なので、上下左右の隙間から確実に冷気が漏れてくるのだ。当然むき出しのアルミサッシからも。

何年か前、TV番組で芸能人(りゅうちぇる)が実家の両親へ親孝行する企画があり極寒の風呂場を改善するシーンだったのだが、工事業者が入る訳でもなく、対策はこれだけだった。
・窓にプチプチシート貼り(アルミサッシはむき出しのまま)
・床タイルの上にスノコ

スノコは喜ばれたろうが、きっとこれ寒さは改善されていないだろうなぁ、と容易に想像できる。
後日談のシーンは無かったし、改善を体感出来る効果は無いはずで期待しているコメントは取れなかっただろう。
TV番組のアラばかりが見えてしまう。

で、恐らくそれよりも効果があるのは100均のビニール製テーブルマットをアルミサッシが隠れる以上の大きさに切って空間を断つ貼り方だろう。(アルミサッシに両面テープ貼る) 今回の風呂マットポン付けはそれと同じ考え方なのだが断熱素材なので遮熱に加えて断熱の効果も得られる。

もう一つ、以前から高齢の家族が入浴する30分以上前に風呂場(入り口)と脱衣所にそれぞれ600w温風ヒーターを置いて暖めている。ヒートショック対策ね。それが今回の風呂マットで以前より効率的が上がった。
我が家のお風呂は脱衣所を出るまでとても快適になった。


◆活躍した道具たち


(左から)メジャー、30cm定規、カッター、ボールペン ・・・窓枠の計測と風呂マットの切断
therm_90_DSC02504a.jpg



(左から)針(ドライバーセットの)、ライター ・・・マットに取っ手をつける際
therm_91_DSC02549a.jpg





2019/2/4 追記(下)・・・脱衣所の窓枠もダンパネで遮熱

風呂場だけでなく脱衣所(洗面所)もほぼ同様にルーバー窓枠の部分を遮熱処理をした。



以前、100均ビニール製テーブルマットを貼り付けて寒さを和らげる処置をした部分なのだが、真冬の今、未処置の周囲の部分=アルミ製窓枠あたり、から寒さが侵入して来るのがわかる。暖房の効き具合も今ひとつ。
寒い時期、ここは丸一日窓を開けないのでなるべく光を通す素材を選び窓枠にハメる事にした。
therm_30_DSC02609a.jpg



素材はコスパ高く簡単に切断出来るカラーダンパネ。(プラスチックダンボールが正しいのかな)
厚さ4mm、910 x 1820(mm)のサイズ、でかい!
therm_31_20181026_151753b.jpg
※デカ過ぎて車に積めないので、買ったその場で万能ハサミで切断。(あらかじめ用途のサイズを計っておく)



ハメ込む窓枠キッチリサイズで切断。大きめのカッターを使った。
therm_32_DSC02608a.jpg



ルーバーのハンドル部分を考慮してこんな感じに。
therm_33_DSC02611a.jpg



だいたい想像通りハマった。
よく見ると微妙に隙間はあるが寒さの侵入はだいぶ防げている。
therm_34_DSC02614a.jpg



入浴前にセラミックヒーターを点けたり窓(網戸の枠)にビニールを貼ったり、少しずつヒートショック対策はしてきたが、最初の頃と比較すればとても快適になったと感じる。
今のところ出来ることは全部やったと思う。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#93 盲点だった風呂場の防カビ

silicon_seal_00_DSC01897d.jpg
風呂場の鏡の裏(隙間)を洗浄し、シリコンシーラントで埋めて臭いスッキリしたお話。



◆長年の風呂場の違和感、発見!?

風呂場の臭いがおかしい、何かがおかしい、いくら掃除しても換気しても収まらない。
確かに壁全体の掃除はまれだが、そうじゃない何かが何処かでおかしな事になっている気がする。
特に夏場は何か有機物の臭いが漂っているのが良くわかった。
もう10年どころでは無いと思うのだが、こんな狭い風呂場を見渡しても限られた空間なのに原因を特定できる気がしなくて放置していた。

ところが、こんな場所があったんだね。今更発見した鏡の裏の空間。
この家に済んで20年以上経つが、全く気が付かなかったわ!
silicon_seal_10_DSC01901aのコピー




ここ、狭くて撮影できないのだが、黒いカビの様な何かが付着していて何かが漂っている感じだった。




隙間の存在がわかるや否や、たまらずブシャーーーー!!
四方からカビとりスプレーを隙間に向かって大量に吹き付け数分置き。シャワーで洗い流した。
silicon_seal_11_DSC01910aのコピー
※急遽対応したため撮影してなくて、これはイメージ




でもこれじゃ、またカビとか発生しちゃうよね。
その隙間は埋めてしまおう!
シリコン・シーラントとかコーキング・ガンとか買わなきゃだな!


とりあえず1日放置!




◆ガラス裏の隙間を気密処置する

なるべく午前中早めに作業する!

シリコンシーラントを鏡の周囲の隙間に充填して臭いの元を断つべし!!
・カビ等の侵入を防ぐ
・前述の洗浄でも除去しきれなくて蓄積してきたモノを隔離する



まずは乾燥!空間を閉じるからね。
silicon_seal_12_DSC01934aのコピー



古い充填剤を除去する。上下”だけ”こうなっていたが、いったい何の意味が・・・
silicon_seal_13_DSC01937aのコピー



余計な箇所へシーリング剤が付着しないようマスキングテープを貼る。
silicon_seal_14_DSC01945aのコピー



使うのはコレ。いや~、一度使ってみたかったんだよねw 合わせて税込み1000円弱。
silicon_seal_15_DSC01914aのコピー
※通称「コーキング・ガン」は樹脂製でフニャフニャしてて、まあ使い難くはなかったが金属製のが欲しかった。



先端と出口をカット。
silicon_seal_16_DSC01923aのコピー



ロッド(長い棒)を引いて、
シリコンシーラントを取り付け、
トリガーを数回引いて中身が出る寸前で止めておく。
silicon_seal_17_DSC01928aのコピー



隙間にシリコンシーラントを埋めていく。ケチらず惜しみなく!
そしてヘラで押し込みながら整える。
silicon_seal_18_DSC01946b.jpg



隙間という隙間は全てシリコンシーラントを埋め、完全に密閉する。
silicon_seal_19_DSC01950aのコピー



埋め終わったら直ぐにマスキングテープを剥がす。
silicon_seal_20_DSC01963aのコピー



シリコンシーラント充填完了!夜までの数時間でだいぶ固る。
silicon_seal_21_DSC01994aのコピー
※ セメダイン8070は「タックフリータイム」が最大30分。30分経てば手で触れてもシリコンシーラントが付かない程度に固まる。



作業完了!
おかしな臭いが消え、以降毎日風呂場が無臭なのがちょっとした感動!




◆感想など

まさかの鏡の裏の隙間。これには本当にびっくりで、10年早く見つけて今回の処置をしたかったな。
臭いが消えて快適になったし、毎日風呂場に入るなりクンカクンカしちゃう。
家のあらゆる所で色々な事が起こるのだが、こうして効果が出ると今までメンテナンスが面倒だったのがちょっと気が楽になるのね。これまでブログに投稿した水栓も、換気扇も、タイルのメンテナンスも。それらは昔は汚れ放題だったのに、日々ちょっと目を向けて面倒を見る様になってしまったね。基本はズボラなので自分の部屋だけはキチャナイ。

セメダイン8070は半分くらい余ったかな。1本330mLあるのだがこの量で税込み600円は意外に安くいと感じた。
作業はマスキングテープ貼りが面倒だったけど、初めてのシリコンシーラント充填作業はとても簡単だったし、ヘラで整える作業も特に難しくはなかった。
シリコンシーラント+コーキングガンで1000円弱だったこの処置の効果は大きい。



◆活躍した道具たち


左から
ヘラ(何かの接着剤に添付のもの)、カッター
silicon_seal_90_20181109_165154a.jpg



コーキングガン
silicon_seal_91_DSC01914_toola.jpg



ドライヤー
silicon_seal_92_20181110_213753a.jpg


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#89 酷暑だし屋根裏を強制換気

venti_00_DSC01307c.jpg
酷暑だし、とうとう2階の天井に換気扇を付けた!自室のお隣の四畳半部屋、ココに唯一ある点検口へ。
・・・先月2018/8の事。
天井の熱が下がっている。日が沈んでもなお残り続けていた熱気も抜けが早い。さすがに30cm換気扇の威力だな。
13年も前に外側の換気口に付けた12cm排気ファンの効果は感じる事は無かったが。

天井裏の熱気を外側の排気口へ向けて押し出すこの方法、1990年代に換気扇メーカーの記事が新聞紙面に出ていて注目していたし、室内用・台所用のファンを流用している方のBlogも見かけていたのでいつかやりたいと思っていたのだが、なっっっかなか色々と出来ない事情とか気持ちの面もあって着手がだいぶ遅れてしまった。 ようやく実現できて酷暑対策が一歩進んだ感じ。 最終的な対策は屋根へ遮熱効果の塗装なのだが、お金が無いですわ。(業者へ頼むしか無いだろうなぁ)


今回やった事が何となく解る40秒ほどのダイジェスト動画がコチラ。
→Youtubeへ飛びます https://youtu.be/yw08VJLSQWE
(このYoutube動画、我が物の様にアチコチ流用されたので頁組み込みは無効化した)


さて、換気扇が到着するまでは、キモは点検口へ取り付ける部分だけだろうと思っていたのだが・・・
だいたいどんなwebページやBlogでもそこまでの解説。
でもね、実際さあ設置するぞ!と思ってよくよく考えると換気扇そのままでは問題があった。

a.換気扇のシャッターは水平だとうまく閉じない=連動の電源スイッチがうまく切れない。
縦置なら自重で下がることで電源スイッチとうまく連動・動作するのだが

b.シャッター含め換気扇本体に若干隙間がある
ファン停止中は夏の湿気や冬の寒気など屋根裏から外気が若干侵入する

そしてもう一つ。もし温度センサーやタイマーで利用する場合、シャッターが電源連動タイプの引き紐スイッチだと、
「スイッチ入れておく=シャッター開いたまま」
になるので「b」屋根裏の外気が侵入するワケだ。

色々と考えた結果!
・シャッターは外す
・換気扇本体は木枠で囲い、風量だけで勝手に開閉するフタを付けて未使用時にも気密性を確保

シャッターを外した事で本体からスイッチを離して延長可能となるし、手元で電源操作するなりタイマーや温度スイッチに繋げても問題ない。て事にした!
venti_06_DSC01405a.jpg




一応、うちの点検口のフタはこういう脱着可能な構造。
venti_10_DSC01313a.jpg




買った換気扇は三菱電機 EX-30FK6-C(販売価格の例はコチラ) 風量が強弱2段階切替。
ブラシレス交流モーターに交流用コンデンサー(4μF)1個付いてて、このテのやつは静かで風量ある割に消費電力がとても低い。
venti_11_DSC01317a.jpg
※ 50hz地域で 風量強だと26w
※ 自分は7500円ほどで購入。DIYだし費用対効果を考えるとお安く感じる。


それでは!作業に移る!



◆シャッターとスイッチを外し、電源スイッチを延長

本体のシャッター&スイッチをそのまま生かしたいのなら、ココの項目の最後(シャッターへスプリング付ける方法)と次の項目「点検口取り付け用木材を加工」へ飛ぶべし!


前述の通り、購入した換気扇は水平だとシャッターは役立たずなのでシャッター&電源兼用の引き紐スイッチは使わない事に。外してしまおう。
venti_12_DSC01351b.jpg
(回転始めに必要なコンデンサーはスイッチの隣にあるのだがこのまま。もしファンが回らない不具合があったらコレかベアリング固着か断線かな。モーター内のコイル不良って話も聴いたことはあるが。)




ネジを外し、シャッター連動のフックも外す。
venti_13_DSC01373a.jpg



電源操作用のスイッチボックスを作る。
・タカチのケース
・3Pトグルスイッチ1回路2接点(ON-ON)
・ロッカスイッチ
・ケーブルを穴に通す際のブッシュ類2つ
ケースに穴あけ部分を鉛筆でマーキング。電動ドリルドライバーで穴を開け、ヤスリやテーパーリーマで穴を加工。
venti_14_DSC01395a.jpg
※ てゆーか3Pトグルスイッチを中点付きON-OFF-ONタイプにすれば中間で電源切断となるので1個で済む。



換気扇本体からスイッチを外し、1本はカット。画像の番号を把握しといて前述のスイッチボックス内へ通し、ハンダ付け。
venti_15_DSC01384a.jpg



換気扇のシャッターはプラスドライバーで簡単に外せる。
venti_16_DSC01410a.jpg


換気扇本体の改造はコレでよし!



ところで・・・
どうしても本体をシャッターも引き紐スイッチも生かしたいと言うのなら、テはある。
例として、こうしてスプリングを付ければ動作不良は解消する。シャッターを開いた位置で力がちょっと加わる程度で良い。
venti_17_DSC01347a.jpg
※ 説明用にただ突起部分にハメ込んだだけなので、スプリングの足を固定する穴を開けるとかしないとダメ。
※ スプリングはホムセンで買ったのか思い出せん。非常に力の弱いもの。



◆点検口取り付け用木材を用意

換気扇を点検口へ取り付けるために必要となる木材。
点検口(43cm弱x43cm弱)のフタの内側に合わせた。取り外し可能な板がハマっていて大きさはそれが目標になる。


自分は最終的に以下の他に木枠も作ったが、点検口取り付け目的のコレだけなら木材を組み合わせる必要な無く4つそれぞれ換気扇の穴に取り付けるだけ。厚さは14mmを選択したのだが自分は丁度よかった。
venti_20_draft1_a.jpg
※ 2箇所だけわざと隙間が出来る長さ339mmにしたがキッチリならカッコ内340mmで良い。
※ カットは購入店舗のドイトにお願いした。



下穴は、
中心から110mm・・・換気扇取り付け穴(自分はボルト&ナットを使いたかったのでナットが埋没する穴を広げた)
中心から80mm・・・後述の木枠を付けるための穴(必要なければ不要)
venti_22_DSC01366a.jpg



改造せずシャッターも引き紐スイッチも生かしたい場合はココ以降不要。
(点検口のフタに取り付けて完了!)


自分は色んな理由で木枠を必要としたのでコレを作った。
厚さはやはり14mm
venti_21_draft2_b.jpg



下穴を開ける。この木材を組み合わせる下穴だけはズレ防止のため実際にこう重ねて穴を開けた。
(寸法を書いて開けるのではなく)
venti_23_DSC01364a.jpg
※ 前述の4本の木材を取り付け一体化させたうえで換気扇に取り付ける。



木ねじで組み合わせ、換気扇本体とはボルトで固定。(前述でナット埋めないで木ねじでも良いが)
venti_23_DSC01422a.jpg




点検口のフタに付いてる板を外し、代わりに換気扇を入れ込む。
venti_24_DSC01427a.jpg




ここからが自分が色々と考えた挙げ句、
気密性と自動開閉を考慮し木枠に独自のフタを取り付ける作業。



木枠の上に隙間防止のテープをキッチリ貼る。
venti_25_DSC01431a.jpg




ダイソーのスチレンボードを木枠の1辺+10mm程度にカット。
片面のみ木材を張り合わせる。(5mm厚)接着剤はコニシ ウルトラ多用途SU
venti_26_DSC01448a.jpg
※ そのままクランプで抑えると凹んでしまうので裏側に木材を当てた



穴を開け蝶番をボルト&ナットで固定。
venti_27_DSC01454a.jpg




本体側の木枠へ、木材を木ねじ&木工ボンドで固定し、前述のスチレンボードの蝶番をボルト&ナットで固定。
venti_28_DSC01453a.jpg
※ 点検口のフタを取り付ける側。ココ大事!



フタが直角以上開かない様に、角度を抑えるための木材をこの様に取り付ける。木ねじ&ボンド。
venti_29_20180818_001040_enc_a.jpg



ここかっこ悪い・・・。
何となく、後から分解しやすい様にコットン(ダイソーで購入)で隙間を埋めまくったのだが、シリコンボンドでもグルーガンでも良いかな。
venti_30_DSC01442a.jpg



点検口側にもすきまテープを貼った。フタを閉じた時に気密となる様に。
venti_31_DSC01446a.jpg




最後に換気扇を点検口へ取り付けて完了!
venti_32_DSC01459a.jpg



オワタ!


電源入れると外側の換気口から熱気がもわ~~と吐き出されているのがわかる。
さて、点検口で強制換気をすると言うことは、家のどこかから相応の外気を取り込む必要がある。
うちの場合、点検口は四畳半の狭い部屋にあって普段は誰も居ないためドアは閉めておき、窓から網戸ごしに外気を取り込んでいる。雨の日なら雨戸を半分閉じ、窓をちょっと重ねるように隙間を開けておくと雨は入らない。
こんな感じで吸気は出来ている。

一つ課題があって、
このままではホコリが天井裏へ吸い込まれ、出口の換気口の網に溜まり詰まってしまわないか、という事。 実は換気扇を回す初日に換気扇をエアコン用フィルター(不織布のやつ)で覆ったのだが、それでは風量が全然出ないのでフィルターは外したまま。 もう少しスカスカなフィルター(の様なもの)でも付けようと思う。



◆感想など

換気扇が本来の使い方じゃないからいざ始めてみるまでわからない事が出てくる。 って、ずっと思っていた気がする。 だが今年の酷暑は手段があるならなりふり構っていられないと思い、とにかく換気扇を買って退路を断った。あとは点検口への取り付け方とか色々とスクラップ・アンド・ビルド!実際、何か改造を考えてはボツ、何か思いついては通販へ部品注文、何か新たな確信を得てはホムセンで木材を調達。完成までずっと考えながら、しかし上手く出来たと思う。

昔blogで見つけた方の記事では、天井裏の換気扇を2機、3機取り付けているケースがあって、そらもう屋根裏から熱気があっという間に出ていくそうだ。エアコンの効きもすこぶる良いのだろう。でもやはり、換気の量だけ家のどこかで外気を取り入れないといけないし、通り道はエアコンを点ける訳にはいかない。ホコリの問題だってあるはずだ。換気口が詰まってしまうのでは?うちは1機で良いな。おおよそ満足だ。



◆活躍した道具たち

充電式ドライバドリル
venti_90_E_DRILLa.jpg
ドライバードリル 充電式の例(電圧は高い方が良いです)
工機ホールディングス 14.4V コードレス ドライバードリル 充電式 充電器、予備電池、ケース付
マキタ 充電式ドライバドリル 10.8V バッテリー2個付き
マキタ 充電式ドライバドリル 10.8V 本体付属バッテリー1個搭載モデル



のこぎり
(購入した大きめの木枠はホムセンで切断してもらったが、蝶番固定する小さい木材はこれで切断)
venti_91_DSC02566a.jpg


シャープペン0.9mm(もしくは鉛筆)、定規
venti_92_DSC01396a.jpg



テーパーリーマ、細工ヤスリ
venti_93_DSC01403a.jpg



クランプ(小、ダイソー)
venti_94_DSC01451a.jpg



巻き尺、ラジオペンチ、プラスドライバー
venti_95_DSC01551a.jpg



はんだこてセット ・・・参考:はんだこてセット
venti_96_IMG_2449b.jpg


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#86 突っ張りポール多用を更に見直す

bagg_00_DSC01076a.jpg
「突っ張りポールサイコー!!」の呪縛から解き放たれるべく記事をまた一つ投下。
効率よく棒を掛ける仕組みを壁に施した。これで強度の無い壁に負担が掛かららず安心して使える。
TV番組の「暮らしの裏技」的なモノに良く使われる突っ張りポールだが、まず壁の裏が補強(柱、間柱など)されているか判らないのに使うもんじゃない。



この家に引っ越して来て間もなく、何も考えず物置の壁に安易に取り付けていた突っ張りポール。 付けた瞬間、あ、マズそう!と感じていたが長らく放置していた。壁の裏側がスカスカだと歪むか運が悪ければ壊れる。
bagg_10_DSC03297a.jpg



壁の裏側はいじれないので、表側を補強しよう!



用意するもの
・撮影し忘れたが2面分の補強板(人間の力が加わる訳ではないので薄いもので良い)
・パイプ両端をハメ込むプラスチック樹脂製「ホルダー」を適当な大きさ、数だけ(ゆるめの大きいもの)
・補強板を固定する木ねじ
・アンカー ・・・木ねじを石膏ボード用にすれば不要かも
bagg_11_DSC03282a.jpg



◆制作

補強板を取り付ける部分を下地センサー等で調査 ・・・参考その1参考その2
撮影忘れ、おうふ!



補強板を壁に合わせてカット。ホルダー部分含めて木ねじ取り付け穴をマーキングして下穴開けとバリ取り。
bagg_12_DSC03292a.jpg



壁に補強板を当て、下穴開ける。
補強板を外し、必要箇所へアンカー入れる。・・・木ねじを石膏ボード用にすれば不要な工程
bagg_13_DSC03313a.jpg



最後に、補強板とホルダーをネジ止め。
bagg_14_DSC03324a.jpg



元々使っていた突っ張りポールをそのままホルダーへ差し込むが、突っ張る力は半分以下。
bagg_15_DSC03334a.jpg



以上、終了!



◆感想など

 突っ張りポールの利用を見直したのは、2つ前の記事でも似たようなきっかけ。 100均で売っているものだからこれまで手軽に使いすぎて何箇所か壁を痛めている。 問題のない箇所もあるけれど。
 自分、昔はDIYしなかった人だったのだが、ホムセンとかネットのお陰だろうか。 ホムセンは色んなパーツを眺めているだけでもひらめきが。 安易な突っ張りポールの利用はやめていく。
 マジ、TVで「突っ張りポールサイコー!!」みたいな紹介していたら真に受けないでちゃんと壁の強度を確認すべし。 道具が無くても壁の端とそうでない部分を拳で叩けば何となく音と硬さが伝わって判ってくる。 出来れば一家に一台下地センサーは欲しい。

次回以降の投稿、旧車マイカーのネタを続けようか。
傷だらけホイールキャップを修復したし、ECUのパーツ交換とかタコメーターECU配線のための信号増幅とかを予定している。 まだ載せてない小ネタは他にも沢山あるのだけれどボツにしてそっちの面白そうな方をば。 初めての予告。




◆活躍した道具たち


ピラーキャッチ(下地さがしの針)、 下地センサー
bagg_90_DSC02532a.jpg



のこぎり
bagg_91_DSC02566a.jpg



充電式ドライバドリル
bagg_92_E_DRILLa.jpg
ドライバードリル 充電式の例(電圧は高い方が良いです)
工機ホールディングス 14.4V コードレス ドライバードリル 充電式 充電器、予備電池、ケース付
マキタ 充電式ドライバドリル 10.8V バッテリー2個付き
マキタ 充電式ドライバドリル 10.8V 本体付属バッテリー1個搭載モデル




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)