#99 電球ソケットを引掛シーリングに変換しちゃうアダプター

sock_adapt_00_DSC03059e.jpg
こういうアダプター、無いね。 考えればわかる事だけれど、強度の問題なのでしょう。
でも自分としてはあると便利なので作ってみた。
↑この様に小径で軽いシーリングライトを電球と交換するのも良し、、、


↓この様にシーリングライト通電確認に使うのも良し、、、
sock_adapt_22_20190610_234449a.jpg
※ タイミング良く6畳用のLEDシーリングを手に入れた。初LEDシーリング!



いざLEDシーリングを天井に設置してから点かないんごーーー! 
天井のローゼットも引掛に付け替え工事しちゃったしどうすんのぉ?なんて後の祭りにはならない。



◆必要な部品など

何ヶ月か掛けてホムセンで最適な部品が見つかり割と頑丈に出来た。強度に不安無く使える。
1) Panasonic 丸型フル引掛シーリングWG5015WP
2) ELPA E26 ソケットアダプター A95H ←この型番でないと合わない
3) アイネット 丸アタッチメント・パッキン ブロンズ 42型ビス付(雨ドイ用)
4) INOAC ゴムスポ 5tX30mmX1M テープ付 黒 N14-530MT
後者2つがE26ソケットアダプターと引掛シーリングを繋ぐ肝となるもの。
sock_adapt_10_DSC02908b.jpg



制作途中の画像だが、他には、
5) なべ小ネジ 径3mm x 長20mm
6) ナット 内径3mm
7) 座金 内径3mm x 外径12mm
8) 薄いPET板かプラバン(引掛シーリングの大きさ)・・・ホコリの侵入を防ぐ
sock_adapt_17_DSC02931a.jpg


全部近所のホムセンで買えた、比較的安く手に入るもの。
薄いPET板は、買い物すると商品が入ってるパッケージや箱なんかを適当に切って保管しといたもの。
ときめくモノではないけれど色々と持ってます。アンチこんまり。



◆アダプターの制作

丸アタッチのネジ穴部分を内側へ広げる加工は必要で、「ホビーのこB替刃」を使う。
sock_adapt_11_DSC02911a.jpg
※ ルーターでガシガシ削っていく手が簡単かも



これで引掛シーリングと合体可能。
sock_adapt_12_DSC02922a.jpg



引き続き丸アタッチの加工。
E26ソケットアダプターの側面と同じ長さとなる様切断。
sock_adapt_13_DSC02925a.jpg



E26ソケットアダプターに配線。2つ下の画像も参考に長さを決める。
何とかしてVVFケーブル(Φ1.6mm×2C)をはんだ付けする。中心=黒、外側=白
sock_adapt_14_DSC02923a.jpg
※ はんだ付けしやすくするため、紙やすりを掛けたり電気用フラックスを塗布した。
※ VVFケーブルは中身が一本の銅線。ホムセンで安く切り売りしていいる。複数を合わせているより線はだめ。



シール付きゴムスポンジ(5mm厚)を一周巻き付ける。
sock_adapt_15_DSC02927a.jpg



それを丸アタッチに押し込む。
非常に力が要るのでゴムスポンジに少し水を付けると良いかも。
sock_adapt_16_DSC02929a.jpg



フル引掛シーリングとの合体直前に、ラジオペンチでケーブルを差し込む。
一応、白(E26ソケット外側から)は差し込み「W」マークに合わせた。
sock_adapt_18_DSC02933a.jpg
※ でもシーリングライト側は「W」に合わせる指定や設計は無いよねぇ。 「W」の意味無い(笑)



電球ソケット・引掛シーリング アダプターの完成!
sock_adapt_20_DSC03055a.jpg



こういう、ソケットが引っ込んでいる部分には丁度いい感じ。
sock_adapt_21_DSC03056a.jpg



◆感想など

初め、こういう変換アダプターをAmazonで探しまくったのね。 無い!無い!
中国製なら斜め上の痒いところに手が届く格安製品を何かしら作ってくれてるんじゃないか?と思ったりして。 あると思っていた自分がおかしいのか。
でも、E26アダプターもフル引掛シーリングも売っている。 ならば繋げりゃいいじゃん!って思った。 だが、意外と繋げる方法が見つからない。 実は試作一号機を作ったのだが強度が無くて直ぐに壊れた。 なのでこの記事は2号機。 もしCADが出来て3Dプリンターでもあれば簡単なのだけれど、汎用部品で済めばそこまで掛けるもんじゃないしね。 必要でも2個あれば良いだろうか。

丁度、しばらくご無沙汰のビックカメラからポイント期限の通知はがきが来て、だいぶお手頃感の増しているLEDシーリングライトを注文したし、開梱すぐこのアダプターで点灯テストをしてみた。 繋げるものがあると便利だ。



◆活躍した道具たち

(左) イチネン ホビーヤスリセット 53-41
(右) 紙やすり ・・・ #100程度かな
sock_adapt_90_DSC02936a.jpg



はんだコテ セット (例: goot 電子工作用はんだこてセット X-2000E )
sock_adapt_91_DSC02369a.jpg



オルファ 細工用カッター ホビーのこ(167B) B替刃セット
sock_adapt_92_DSC02910a.jpg
※ B替刃だけなら → B替刃(細刃) 3枚入 XB167B



(左) ニッパー (VVF Φ1.6mmが切断できるもの)
(右) カッター
sock_adapt_93_DSC02769a1.jpg



(左) プラスドライバー(No.2)
(右) ラジオペンチ
sock_adapt_94_DSC02770ab.jpg





スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#98 便利な置き時計「ダイソー 4WAYキッチンタイマー」の音量改善

4WTimer_00_DSC02994b.jpg
 ダイソーの台所用品の陳列にてキッチンタイマー商品を眺めていたのだが、正方形の顔の中に大きな液晶パネルが目を引く、200円にしては機能も質感もなかなか良さげなモノを発見し、そのままレジへGO! これは是非机に置きたい商品だと思った。

さてさて、、、
ここにわざわざ投稿するということは、ただのレビュー目的である訳が無いのである。
キッチンタイマーにありがちな、ひとつこの商品のダメな所があったので改善をした。
てゆーかこれキッチンタイマーじゃないよ(笑)


実用上問題だなぁ~と思ったのが、音が小さい事!
キッチンタイマーと付けるなら大事な機能なはずだか、これは後ほど分解してみて、200円として出すために製造の手間(コスト)を省いたのかな?と推測。
4WTimer_05_DSC03009b.jpg



ちゃんと圧電ブザーの音を外へ出すために、この様に穴の位置へ移した。
穴は若干広げて効率を上げてある。
4WTimer_06_DSC03017b.jpg



◆4WAYキッチンタイマーとは

音量改善の処置の前に、、、

3色のどれを選ぶべきか、白だと4つの機能を示すアイコンが見にくいし、ここは落ち着いた灰色を選択!
4WTimer_01_20190416_140711a.jpg



外観:
全体は樹脂で作られているが200円にしては安っぽさは無く、液晶パネルの存在感が目を引く。
小さいが厚みが適度にあり安定感がある。
4WTimer_02_DSC03040a.jpg
※比較用に別途購入した単4電池を並べた



機能:
大きな特徴が、90度回転する毎に「ピッ!」の音と共に機能が切り替わる仕掛け。
液晶表示が大きく機能毎に必要な情報が全部表示される。小刻みに切り替え表示では無い点がお値段以上!
4WTimer_03_DSC02997b.jpg
※安いモノだと時間と日付を交互に表示するものが良くある
※「ピッ!」の音が嫌なら後ろの音の出る穴を指で塞いて回転すべし。



動画説明Youtubeサイトへ置きました
[動画] タイマー機能
[動画] アラーム機能



あれ?と思ったのが、12時間表示の際の「AM」表示パターンが無いこと。まいっか(笑)
4WTimer_04_DSC03037a.jpg
※背面「↑」ボタンでいつでも12-24時間表示の切り替えが可能



◆音量改善の作業

さて分解!しようと思ったらネジ穴が無い。電池ケース内にも。こういう場合はパネルの内側だろうと目星を付けたら、あった(笑)
両面テープか接着剤かアクリル系らしき粘着剤が薄いパネルに残るので損なわない様にどこか立てておくべし。
4WTimer_10_DSC03012a.jpg



ネジを外していき液晶パネルまで分解すると基板が露わになる。
目的はその基板に付いてる圧電ブザー。これをケースの方へ移動したい。
4WTimer_12_DSC03016a.jpg
※液晶パネルの端子(ピンク色で黒を挟んだ)や金属球はなるべく触れずにしておく



はんだを吸い取り、圧電ブザーを外す
4WTimer_13_DSC03024a.jpg



音を発する部分の穴を少し広げ、効率を上げた
4WTimer_20_DSC03019a.jpg



その穴へ圧電ブザーを取り付ける前に、接着し易い様にクリーニングしておく
4WTimer_21_DSC03027a.jpg



圧電ブザーの固定はグルーガンでササッと。(ココ森泉にやって欲しかったな)
4WTimer_22_DSC03030a.jpg



使い物にならなかった音量が実用十分に大きくなった。まあ、物理的な問題である。
4WTimer_23_DSC03035a.jpg



◆感想など

 以前キッチンタイマーの記事を出した事もあって今回台所用品のコーナーで発見した訳だけれど、これ、名前にキッチンタイマー含めて台所用品カテゴリーに入れるのは間違いだね(笑) でもダイソーは気づいていないと思う。
キッチンタイマーなら操作ボタンは前面にあるべきだし、それよりも普通に「カレンダー表示機能の付いた置き時計」としての方がもの凄く便利な液晶表示が売りになる。 電気製品コーナー近くの今ある置き時計の棚に置いたらバカ売れするんじゃ?

一つ、タイマーとして便利に使えるパターンとしては、
「一度設定した時間は記憶され、タイマー機能に切り替えると直ぐカウントダウンが始まる」
を生かして、繰り返し同じ間隔で利用出来る。こういう用途でオヌヌメ。

こういった音量改善の改造が出来る人なら、ちゃんと「キッチンタイマー」として、起床用途の「アラーム」として使えるのでオヌヌメ。



◆活躍した道具たち

極小のプラスドライバー(メガネ用など)、シールはがし用スクレーパー(100均「テープはがしスクレーパー」など)
4WTimer_90_DSC03044a.jpg
※100均「テープはがしスクレーパー」は良くハサミの売り場にある


ニッパー、カッター
4WTimer_91_DSC03043a.jpg



はんだ吸い取り機、グルーガン(ダイソー)
4WTimer_92_DSC03041a.jpg



棒ヤスリ(ホビー用樹脂対応)
4WTimer_93_DSC03042a.jpg



はんだごてセット
4WTimer_94_DSC02369a.jpg



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)